ミドルエイジの会

 昨年から新しく始まった、40~60歳(自称の方も含めて)の会です。
 毎月第一日曜日に会を持っています。内村鑑三の「余はいかにしてキリスト信徒となりしか」の現代語訳の本読み後、毎月持ち回りの司会当番が内容を決め様々な話をします。これまでは、「日記について」・「クイズ大会」・「幼稚園時の頃、神様との出会い」・「手紙のこと」などです。
 緩やかな繋がりの中でこの年代で何が出来るか、何を交し合えるか手探りで始まったばかりですが、一回一回の時間の中で、集まった者達が良いものを持ち寄り、持ち帰る会になればと願っています。